スェーデン美少女

金髪専門デリヘルで、超ロリロリ顔のスェーデン美少女
と遊んだときの体験談です。

金髪といいながらも、実は茶髪だったんですが、あまりにも
パネルとスリーサイズに嘘偽りがなかったので全然OKでした。

金髪専門デリヘルに限らず、デリヘル・ホテヘル関係で

・顔

・スリーサイズ

・年齢

いずれかも詐称していないなんて、なかなかありえないです。

塾女系なら、偽ってもしょうがないとばかりに開き直って
実年齢をぶっちゃけてるオバちゃんはいますが……

とにかく、このとき指名した金髪デリヘル嬢は、本当に
きれいな目鼻立ちの美少女で、華奢な体にお椀型のきれいな
おっぱいとプリンとした小さなお尻がさわり心地抜群で
最高に楽しいひと時を過ごせました。

また、何よりも楽しかったのが、彼女がヨーロッパ系の
女性にしては、かなり日本語での会話が出来た事です。

たどたどしかったけど、普通の会話が出来る程度に
日本語を嗜んでおり、本人はかなり努力したと言っていました。

なんでそんなに日本がすきなのか聞いてみたら、12歳の頃
日本のアニメにどっぷりはまってしまったそうです。

ちなみに、彼女が好きなのはジブリ系とプリキュアだそうで
プリキュアは今でもリアルタイムで見ているそうです。

私も小さな娘がいて、時折一緒に見ている話をすると
嬉しそうにプリキュアの物まねをしてみせるのでした。

このようなたわいもない会話のおかげで、御互いの緊張も
ほぐれ、プレイ内容が充実したという点も見逃せない事実
ではありました。

やっぱり、エロい事をするにあたって、コミュニケーション
って本当に大事ですね。

そんな少女の面影を残す彼女も、エロい事になれば
しっかりと「女」の体である事を、私に知らしめてくれました。

小ぶりなおっぱいは、シリコンとかは一切入れておらず
ナチュラルな乳房のまま。

本当にきれいなピンク色の乳首は、生娘のような印象すら
与えてしまいます。

彼女に優しくキスをしながら、乳房を揉んであげると
はじめは照れていた彼女も、徐々にその表情が艶やか
なものへと変わっていきました。

そして、か細い指で、私の乳首を丁寧にこねくり始めました。

19歳の少女とは思えない絶妙な手捌きは、13歳の頃から
毎日欠かした事のない「オナニー」によって、培われた
ものだそうです。

女性は、早くからオナニーを習慣にしている人ほど
性感帯の開発が進んでおり、彼女も例外ではありませんでした。

ほんの少しの乳房の愛撫でヌレヌレになっているアソコに
指を2本入れて、やや強めにシェイクすると、あっという間に
潮を吹き始め、しかも何度も何度もイッてしまうのです。

彼女に言わすと、日本人男性は、このような女性への愛撫
がものすごくうまいらしいです。

デリヘルの仕事も、本国スェーデンでは味わえない性の快感
を感じて、お金をもらえるので、やめられないと言っていました。

そんな彼女のフェラチオは最高でした。

勉強熱心な女性は、性に関しても余念がないものだなぁとしみじみ
と感じてしまいました。